マンスプレイニングなしのメンター

Kanthal内で人材を育成し、平等を促進するために、グローバルセールスマネージャーのRobin Hallは2名の同僚のメンターを担当しています。「この優秀な女性たちの発言力が社内で高まることを願っています」と彼は言います。

Robinは、メンターになることを決断する直前に、英国の男女の賃金格差に関する政府の報告書を読んでいました。 KanthalはSandvik Groupの一員で、賃金格差は4.1%でした。同様の会社では、女性の収入は男性より10~14%少ない収入でした。 「この種のデータを公開することは、ジェンダーの不平等を理解し、それに対処するのに役立ちます」とRobinは言います。

彼は約1年半前に2名の後輩を担当することになりました。 「私は、この女性たちの意見が彼らが男性であった場合と同じくらい社内で取り上げられているかどうかについて少し心配しています」と彼は言います。 「私が提供しなければならないのは、実用的なビジネス観と30年以上の商業経験だと思います。」

Robinは、「マンスプレイニング」することを避けたいため、聞くことに焦点を当てています。 「提案はしますが、彼らの問題を解決しないようにしています」と彼は言います。 当初、彼は自分の日々の責任リストから「切り替える」のに苦労しました。 しかし、そうしなければ効果を発揮できない、と指摘します。

Robin Hall, Global Sales Manager at Kanthal.

「役に立つと感じたり、ジェンダー平等を支援するために何かをしたりすることには、自己満足の要素がありますが、これらの会議は決して私に関するものではありません。」と彼は言います。 「彼らにとって、ビジネスセラピストが後ろに控えているのはとてもいいことだと思います」とRobinは言います。 「私は彼らのためにそこにいて、判断を行いません。」

Robinのメンティーは多くのことを教えてくれました。 「私にとって、非常にオープンに情報が入ってくることは興味深いことです」と彼は言います。 「通常であれば、社内の他の職位の人たちからまったく同じように情報を得ることはできないと言うでしょう。」 ​​Robinはメンターになることを推奨しています。 「信頼を得られる人でなければなりません」と彼は言います。 「そして、自分に関することではないと気付く必要があり、気付かなければ、役に立てないでしょう。」

Robinは、メンタリングはメンターとメンティーにとってメリットがあるだけでなく、会社全体が女性をサポートすることで利益を得ると述べています。 「私がメンターを担当する女性従業員は非常に知的で熟練しており、会社の将来の成功に大きな役割を果たすことができると思います」と彼は言います。

linkedin (1)_50px.pngLinkedInでフォローしてください
当社の事業内容や採用情報に関する詳細が記載されています。