一次アルミニウム生産

当社では、一次アルミニウム生産に適したいくつかの製品やヒーティングシステムを提供しています。 ロッディングショップとキャストハウスの両方向けのソリューションをご用意しています。 当社の製品は以下のような工程で使用されています。

アノードスタブの乾燥

安全上の理由から、ほんの僅かな水や蒸気も取り除けるようにアノードスタブは最低でも100ºC (180ºF)まで加熱する必要があります。水や蒸気が残っていると、溶接ジョイントの品質も悪化させる危険な問題となることがあります。

続きを読む

アノード予熱

溶融鉄を陽極スロットに注入する前に、スロット内の温度を100°C (180°F)以上に可能な限り素早く(1分未満)かつ均等に上昇させることが重要です。 これにより、スタブを陽極に溶接する条件が良くなり、安全に操作を行えます。

続きを読む

カソード予熱

Kanthal®のソリューションなら、事前に組み立てられた鋼棒とカソードブロックを加熱することにより、潜在的に危険な工程である高温の鋼棒の移動、持ち上げや配置を行う必要がなくなります。 また、一貫した鋼棒の配置と均一な熱分布も約束します。

続きを読む

ロッディングショップ

ロッディング工場でガスバーナーを電気ヒーターに交換すれば、エネルギーコストを大幅に節約できます。 実際、ガス式の正味効率がわずか20%なのに対して、Kanthal電気式ヒーティングシステムの正味効率は70%です。

続きを読む

温度測定

温度測定は、アルミニウム生産プロセスの複数のステップに関係しています。 材料は最高温度の一部に耐えることができるため、材料を維持し、制御するための主な温度測定方法は熱電対になります。

続きを読む

保持炉

当社では、非鉄金属や貴金属などのあらゆる種類の金属材料の溶解(混合や保持も含む)炉向けの製品を提供しています。

続きを読む