アノード予熱

溶融鉄を陽極スロットに注入する前に、スロット内の温度を100°C (180°F)以上に可能な限り素早く(1分未満)かつ均等に上昇させることが重要です。 これにより、スタブを陽極に溶接する条件が良くなり、安全に操作を行えます。

関連ありそうな商品

カンタル製品一覧