アノード予熱

溶融鉄を陽極スロットに注入する前に、スロット内の温度を100°C (180°F)以上に可能な限り素早く(1分未満)かつ均等に上昇させることが重要です。 これにより、スタブを陽極に溶接する条件が良くなり、安全に操作を行えます。

Kanthal電気式ヒーティングシステムが実現するより均一で徹底的な乾燥により、シンブルでの電圧降下を最小限にとどめることができます。

改善された安全性

材料の多孔性のため、陽極では貯蔵中に多少の湿度が蓄積される傾向があり、最悪の場合は爆発や通電時の接続不良を引き起こす可能性があります。 Kanthal®の高度に集束されたリフレクターベースの電気ヒーターに関するソリューションは、より徹底的な乾燥を保証します。

正確な熱伝達

Kanthal®のリフレクター技術は、陽極ブロック自体ではなく、スタブホールのみに集束放射を当てるように独自に設計されています。 これはつまり、エネルギーを大幅に節約できることを意味します。 電気熱伝達率はガスの20%に比べて70%です。

以下に、その他の工程段階で当社が提供する具体的なメリットの例をご紹介します。

関連ありそうな商品

カンタル製品一覧