ロッディングショップ

ロッディング工場でガスバーナーを電気ヒーターに交換すれば、エネルギーコストを大幅に節約できます。 実際、ガス式の正味効率がわずか20%なのに対して、Kanthal電気式ヒーティングシステムの正味効率は70%です。

ロッディング工場用のKanthal電気式ヒーティングシステムはエネルギーコストを大幅に削減し、CO2排出量を抑えます。

ガスの代わりに電気ヒーターを使用することで、温室効果ガスの排出がゼロのシステムが手に入り、環境への影響を最小限に抑える一歩を踏み出すことができます。 さらに、より清潔、安全で静かな環境を作ることができ、オペレーターにとってより健康的な環境になります。

効率的な精密加熱

Kanthal電気式ヒーティングシステムは、ロッディング工場での重要な段階においてガスバーナーよりも大幅な改善をもたらします。 アノードスタブの乾燥ステーションを除く各工程段階において、Kanthalのヒーティングシステムでは、放射をより正確に対象のエリアに向けることができるリフレクター装置内にヒーターがあります。

関連ありそうな商品

カンタル製品一覧

取鍋の乾燥および取鍋の加熱

HeliothalTM取鍋ヒーターの全製品群が、1500℃ (2732°F)までの取鍋温度への加熱と予熱、取鍋サイズID 500 mm~ID 2100 mm (19.69~82.68インチ)に対応するエネルギー効率の高いソリューションを実現します。

製品の詳細を見る

アノード予熱ステーション

溶融鉄を陽極スロットに注入する前に、スロット内の温度を100°C (180°F)以上に可能な限り素早く(1分未満)かつ均等に上昇させることが重要です。 これにより、スタブを陽極に溶接する条件が良くなり、安全に操作を行えます。

製品の詳細を見る

アノードスタブの乾燥ステーション

安全上の理由から、ほんの僅かな水や蒸気も取り除けるようにアノードスタブは最低でも100ºC (180ºF)まで加熱する必要があります。水や蒸気が残っていると、溶接ジョイントの品質も悪化させる危険な問題となることがあります。

製品の詳細を見る