アノードスタブの乾燥

安全上の理由から、ほんの僅かな水や蒸気も取り除けるようにアノードスタブは最低でも100ºC (180ºF)まで加熱する必要があります。水や蒸気が残っていると、溶接ジョイントの品質も悪化させる危険な問題となることがあります。