ガラス焼き戻し

ガラス焼戻し炉での電気加熱に関して、Kanthalはさまざまな合金グレード、スタイル、デザインを幅広く取り揃えており、ガラスメーカーの特定のニーズを満たすオーダーメイドのソリューションを開発するのに役立ちます。

焼き戻しによりガラスの強度が4倍になるため、ガラスが壊れても鋭いエッジのない粒状の破片に砕け、安全に手で拾うことができます。 焼き戻しにより、ガラスの機能温度範囲を拡大することもできます。 このため、焼き戻しは強度、耐熱性、安全性が重視される場合に多く使用され、窓、ガラスパーティション、自動車のフロントガラス、家電製品、調理器具など、さまざまな用途で使用されるガラスに不可欠なプロセスです。

その仕組み:

ガラスが平板に成形され焼きなましが済んだら、焼き戻しプロセスを開始できます。 ガラスは650°Cに加熱された焼戻炉に送られ、その後急速に冷やされます。

このプロセスでは、外側の材料は中心部よりも速く冷却されて、応力の抵抗が生じます。 内側には張力がかかっている一方で、外側は圧縮された状態にあります。 材料挙動がガラスを強化します。

電気式ヒーティングはこのプロセスで最も重要なステップであり、発熱体は重要な部分となります。 これが、一貫性のある高品質のガラスを確保するために必要な熱精度を提供します。

最適な加熱ソリューションの選択

ヒーターには合金のグレード、合金の形状、ヒーターのデザイン、仕様など、多くのオプションがあります。 「最適なヒーターの選択は、その特定の用途に依存します。温度、雰囲気、動作サイクル、機械的特性、電力需要を考慮する必要があります」と、Kanthalの北米テクニカルマーケティングマネージャーであるArthur Moslowは述べます。 「これらの要素を考慮に入れないと、過熱、腐食(グリーンロット)、硫黄の浸食などの故障の原因につながる可能性があります。」

Kanthalを選ぶ理由

Kanthalは、さまざまな産業プロセスの加熱に関して、豊富な経験と幅広い専門知識を持っています。 ガラス焼き戻しに関しても、さまざまなグレード、スタイル、デザインの合金を提供します。

「当社の製品は、原材料から最終製品まで製造プロセス全体を完全に管理しているため、高いレベルの品質と信頼性を提供できます」とMoslowは言います。 「当社はまた、独自の材料と合金を使用した多くの経験があります。」

Kanthalは北米、ヨーロッパ、アジアに製造拠点を持っており、代理店や技術サポートを世界中に展開しているため、より迅速なサービスと短いリードタイムを提供できます。 また、当社の専門スタッフは、企業が自社の用途に最も適したソリューションを選択できるように支援します。

「当社のサービスには、ヒーターの故障解析と設計レビューが含まれています。お客様がヒーターの限界を克服したり、故障の問題を解決したりするのを支援できます」と、Kanthalの子会社でガラス焼き戻しに関する長年の経験を持つThermaltekの副社長であるVic Neillは述べます。 「スループットの高速化でも、高温でも、エレメントの寿命の長さでも、お客様の特定の要求を満たすオーダーメイドのソリューションの開発を支援できます。」

オンデマンドウェビナーを見る: ガラス焼き戻しにおける電気式ヒーティング

このウェビナーでは、古い発熱体を交換するとき、または新しい炉を設計するときの設計上の考慮事項について説明します。 Kanthal®のエキスパートのお話をお聞きください。90年以上にわたって培ってきた材料に関する知識を伝授いたします。
動画を見る

関連ありそうな商品

カンタル製品一覧