ディスプレイガラス

Kanthalプログラムには、フロートガラス工程と溶解(ダウンドロー)工程の両方を使用したディスプレイガラス(PDPガラスおよびTFTガラス)の製造向けの幅広い製品が含まれています。

ディスプレイガラスは、フロートガラス技術、または材料を1 mm未満の薄さにする溶融/オーバーフロー技術を使って製造できます。

オーバーフロープロセスでは、ガラスを溶かしてから耐火トラフに注ぎます。 ガラスがトラフの両側から溢れ出た後、2つの流れはトラフ基部から出たところで再び合流します。 もともと自動車のフロントガラス用に設計されたこのプロセスは、ガラスの両面が非常にクリーンで滑らかになるように設計されています。これは、オーバーフローと溶融の間、両面が何も接触しないためです。

製造できるシートの幅は完全に、トラフ(別名アイソパイプ)の長さ、および設置可能な発熱体によります。 発熱体が長いほど、シート幅が広くなり、プロセスがより経済的になります。 そのため、溶融プロセスがフロートプロセスに対応できるように、ますます長い発熱体が求められています。

関連ありそうな商品

カンタル製品一覧

フロートガラスヒーター

建築、自動車およびソーラーガラス用のソーダ石灰ガラスの製造向けのフロートバスにて活用されるように設計されたSiCヒーター。 Globar®フロートガラスヒーターは、18年に及ぶキャンペーン期間を記録しています。

製品の詳細を見る

Globar® Precision Range

Kanthal® Precision Rangeの製品は特定の用途または分野向けに設計されており、お客様に付加価値を提供します。 SiCがガラス製造、実験炉、リチウムイオン電池構成品などにもたらす利点をご覧ください。

製品の詳細を見る

Relevant documents

Data sheets