熱電対

熱電対とは

熱電対は、熱電効果に基づいて温度を測定するための機器です。熱電効果とは、2種類金属が接合されたときに電圧が生成される作用で、これは温度差に比例します。この電圧は起電力(EMF)またはゼーベック電圧と呼ばれ、ドイツ人科学者トーマス・ゼーベックによって発見されました。温度はさらにEMFから計算することができます。

熱電対には幅広いタイプと、温度範囲、化学品や振動に対する耐性、耐久性といったさまざまな特性があります。ベースメタル熱電対は次のタイプが最も一般的です。タイプJ、K、N、TおよびE。

熱電対はとても正確で、非常に広い温度範囲(高温低温ともに)で動作し、比較的安価なため、科学でも工業でも広く使用されています。

最もよく使用されている熱電対の材料の組み合わせを見る

Kanthalプログラムには、補償導線用ワイヤーと拡張リード線を含む、熱電対用のワイヤーおよび帯材が含まれます。Kanthalの熱電対ワイヤーと熱電対帯は、最高1260°C (2300°F)までの温度で使用され、当社の均質な製造プロセスのおかげで非常に正確で繰り返し可能な測定の特性を備えています。

Kanthal熱電対ワイヤーや帯は、自動車、航空宇宙、エネルギー、医療および冶金産業で広く使用されています。