熱電対列

熱電対列は熱エネルギーを電気エネルギーに変換します。熱電対列には、直列または並列に接続されたいくつかの熱電対を使用します。熱電対列は非接触温度センサーに使用されます。熱電対列の機能は、対象から放射された熱放射を電圧出力に伝達することです。出力の範囲は数十ミリボルトから数百ミリボルトです。

熱電対列はセンサーや発電機として機能します。

センサーとしては、熱電対列は(通常の熱電対の操作と比較して)比較的低い温度を決定するために使用されます。熱電対列センサーの用途には、電子レンジ、衣類乾燥機、医療機器、自動車(車内空調制御、座席占有センサー、死角アラート、路面凍結検知)などの機器製品や、消費製品(プリンター、複写機、携帯電話など)やその他にもたくさんの用途が含まれます。

熱電対列発電機は熱から電気エネルギーを生成します。一般的な用途の1つは、立消えです。ガス湯沸かし器、ガス暖炉やガスコンロでは、パイロットライトが点灯している間に熱電対列発電機が電圧を生成します。パイロットランプが消灯すると、電圧降下によりバルブが器機へのガス供給を遮断します。

熱電対列向けの当社製品