Kanthal®は自動車試験のエコな未来を切り開きます。電気システムはゼロエミッションで部品を1100℃に加熱します。

6月20日、シュトゥットガルト:ヒーターのスペシャリストのKanthal®は、自動車試験業界での最新の試験台用のクリーンでエコ、そして強力なヒーターに関するソリューションを発表しました。

Kanthal®のフローヒーターを使用すると、試験において使用時にゼロエミッションで標準の850℃から1100 °C (2012 °F) にまでガスフローを加熱することができます。

「より高い温度とより正確な条件が自動車試験において不可欠になると我々は考えています。新しい材料と部品についての要件を増やすことは、耐久性に対する期待の高まりに対応するのに役立ちます。」とKanthal®の技術革新マネージャーMarkus Mannは述べています。

1100°Cという高い温度は、どんどん小型になっているエンジン設計で使用される新しい材料でのより厳しい試験を容易にします。Kanthal® フローヒーターは、バーナー技術の代わりに電気の力を使用することで、職場の安全衛生と環境の持続可能性に関する将来的な規制を遵守し、試験条件の精度を新しいレベルに引き上げます。

「オーストリアなどの一部の国では、自動車試験にてCO2やNOXの排出を禁止しており、他の国もおそらくこれに続くでしょう。この電気ヒーターに関するソリューションは、バーナーの負荷容量と性能に匹敵し、汚染のない代替品です。」とMannは説明しています。

Kanthal®フローヒーターは、6月20~22日の期間中Messe Stuttgart(シュトゥットガルトトレードフェア)のAutomotive Testing Expo Europe 2017にてブース1067で展示予定です。

ダウンロード

プレスリリース (PDF document, 139 kB)