世界最速のピザとなるか。

当社の エンジニア は、発熱体温度が900°C/1652°Fのオーブンを構築することで、伝統的なナポリのピザを焼くのにかかる時間を90秒から37秒に短縮しました。 ピザ・シェフの Oskar Montano 氏と密接に協力して、私たちは事実上世界最速ともいえるピザを生み出したのかもしれません。

Pizza chef Oskar Montano and Björn Holmstedt, Senior R&D Professional at Kanthal.

Kanthal は、革新と好奇心をモットーとしています。 私たちはピザについて思いを巡らせ、常にお客様と共に新しいより優れた加熱プロセス 生み出すように努めています。 そして、私たちに協力してください。 当社の 革新的な電気加熱技術は、高温だけでなく、一貫した正確な加熱を実現します。 そして、ピザは正確に加熱されることに依存する料理であり、「最高の方法」とは伝統と誇りが染み込んでいるものです。 私たちは自らに 私たちはその課題に挑戦し、自分たちのテクノロジーを活用して世界最速のピザ用オーブンを構築できるのだろうか、と問いかけました。

The world's fastest pizza: How we made it

Björn Holmstedt は、当社で最も創造力豊かな研究開発エンジニアで、熱烈なピザ愛好家でもあります。その彼が挑戦することを決意しました。 彼が成功したならば、それは真の革新を生み出すために協力することのパワーを示す優れた方法となります (実際のところ、ピザは私たちにとって身近なものです。 スウェーデンで最初のピザ・レストランが当社のホールスタハンマー工場のすぐ近くにあります)

では、世界最速のピザ用オーブンとはどれくらい速いのでしょうか。 いくつかの調査を行ったところ、多くの人が完璧なピザのスタイルであると見なしているナポリのピザは、通常約 90 秒間、約 450°C/800°F の温度で焼かれていることがわかりました。 オーブンの種類によっては、これを 1 分まで短縮することができます。 Kanthal Coil と大量の薪を使って、なんとか 45 秒でピザを焼くことができた人もいます。 45 秒とはかなり速いもので、本当にそれ以上短縮できるのでしょうか。

「常に難しいことに挑戦することが好きで、ピザを作るには温度が大変重要な役割を果たすことを理解していたので、この試みは当社にぴったりだと思いました。」と、Björn Holmstedt (Kanthal シニア R&D プロフェッショナル) は述べています。

Kanthal のテクノロジーでは、1850°C/3360°F まで発熱することができるため、高温にすることは問題ではありません。 しかし、ピザ作りには精巧な技術が必要です。 そのため、当社の技術を活用して、高く正確な温度に簡単に制御できるようにする必要がありました。」と述べています。

単に速く出来上がるというだけでなく速くて本当に美味しいピザを作るために、スウェーデン随一のピザ専門家に相談しました。 Oskar Montano 氏は、有名なストックホルムのピザ・レストラン 800 grader (800 年生、学位を表すスウェーデン語) の共同オーナーです。 彼は私たちが無謀であると思ったようですが、それでも参加したかったのです。

The pizza oven, constructed in Kanthal’s factory in Hallstahammar.Björnは、自社の研究施設にオーブンを構築しました。 彼は、鉄・クロムアルミ合金 Kanthal® AF による合計 8 つのポーキュパイン発熱体を、オーブンの上部に 4 つと下部に 4 つの合計 8 つと、いくつかのリフレクター、ガラス・プレート、ケーブルに使用しました。 オーブンは、赤外線加熱の原理に基づいて構築されています。これは電磁放射線を当てて物体を加熱します。 この場合はピザを加熱します。

「私はそれがどのような外観になるかついては、あまり気にしませんでした。」と彼は述べています。 「私たちは、基本的に金属製の箱を組み合わせて、十分に効率的な加熱ソリューションを開発することに焦点を当てました」

実験と調整を何度も繰り返して、彼はようやく完璧な解決策を見つけ出しました。 彼が開発した最終バージョンのオーブンは、何と 37.55 秒以内で美味しいピザを焼き上げました。

Timer_Photo Cred August Dellert.jpg

「驚きました。 こんなことができるとは考えてもいませんでした。 シェフとして、完璧なピザをつくることに情熱をかけており、いつも改善方法を探しています。」と Oskar Montano 氏は述べ、さらに次のように続けています 「細かい点も非常に重要です。 そして Kanthal の従業員たちと一緒に仕事をすることで、自分と同じくらい頑固なパートナーがいることに気付きました


プロジェクトの詳細について知りたい、または研究開発部門と協力できることを相談されたい場合は、


Kanthal R&D マネージャー、Dilip Chandrasekaran まで E メール (dilip.chandrasekaran@kanthal.com) にてご連絡ください。

関連製品

オーブンは、鉄・クロム・アルミ合金 Kanthal® AF で作られています。 Kanthal AF は、一般に工業炉や家電用品の抵抗発熱体として使用されています。 お使いのトースターやストーブも、おそらくこの合金で作られているでしょう。

Kanthal® AF およびその他の合金
ヒーター
ヒーターモジュール
炉用チューブ
電化およびその他のサービス

お問い合わせ

お問い合わせ、またはご質問がある場合は、次の連絡先にアクセスしてください。

お問い合わせ

最新情報をお届けします

当社のニュースにご登録いただくと、このサイトで紹介しているような詳細を入手できます!

登録する

電気式ヒーティング

ヒーティング・テクノロジーの未来 – それは電気です。 当社の研究開発マネージャー、Dilip Chandraserkarは、電気式ヒーティングのメリットを次のように説明しています。

The future of heating technology. It's electric.

もっと詳細をご紹介しましょう。

あなたはジャーナリストで、プロジェクトについてもっと詳しく知りたいですか?

プレスリリースを見る

テクノロジーについて

オーブンは、赤外線加熱の原理に基づいて構築されています。つまり、電磁放射線を当てて物体を加熱します。

電磁放射線に加え、反射により熱を広げます。

オーブンには、鉄・クロム・アルミ合金 Kanthal® AF で作られた、上部に 4 つと下部に 4 つの合計 8 つのポーキュパイン発熱体があります。 エレメントの温度は 900°C です。

Kanthal® AF電気抵抗ワイヤーは最高1300°C/2370°Fの温度で使用できます。

Kanthal® AF合金hあ、高温での並外れた形状安定性と、非常に優れた酸化品質によってえらばれました。

コイルの大きな表面積によって発熱体のパフォーマンスが向上し、発熱体のポーキュパイン デザインが優れた温度均一性を提供します。