クリーンでシンプル: 電気式ヒーティングがOvakoの熱処理炉をどのように変えたか

Ovakoは熱処理炉をすべて電気化して以来、CO2排出量を大幅に削減しただけでなく、温度管理を強化することで製品の品質と一貫性を向上させてきました。

Ovakoがヨーロッパのエンジニアリング鋼の大手メーカーになるまでの道のりは何世紀にもわたるもので現在の生産拠点のいくつかは16世紀にまで遡ります。 この豊かな遺産と相まって、新しいテクノロジーイノベーションを積極的に受け入れ、鉄鋼業界をより持続可能なものにするための方法をリードする意欲を持っています。

Anders Lugnet, a Furnace Technology Specialist at Ovako

2012年Ovakoの炉技術スペシャリストであるAnders Lugnetは、Ovakoの150を超えるのすべてマッピングし会社の排出量を削減するための行動計画を考案するよう依頼されました。 取締役会への彼の勧告の1つは、熱処理炉を電化することでした。 「今日では、それを主張するのは簡単ですが数年前はそれほど明白ではありませんでした」とLugnetは回想します。 「他の多くの鉄鋼会社は、私たちが10年前にいた場所から今始めたばかりです。

電気加熱への転換プロセスは2014年に始まり、各炉には最大86個の Tubothal®金属製の発熱体が装備されました。 現在14基のローラーハース炉が電化されておりフィンランドでは近い将来に最後の炉が電化される予定です。 推定CO2削減量は、炉ごとに年間約1,4002,000 トンです。

「過去には、これらの炉は一般的にNOx排出の問題を抱えていましたが、その後、CO2排出も同様に大きな問題になりました」とLugnet氏は言います「グリーン電力を使用すれば、排出量はゼロになります。 煙道ガスの損失もないので全体的な効率もはるかに優れています。」

KANT_electric_Ovako_case_furnace_880x480.jpg

完璧な制御は均一な品質を意味します

排出量の削減が主な目的でしたが、Ovakoは電化にさらなるメリットを見出しています。

「特殊鋼のサプライヤーである私たちにとって、熱処理をより適切に制御することも同様に重要でした」と、Lugnetは述べています 「今日の制御と交替のための高度なシステムにより、ガス加熱では達成がはるかに困難な完全な制御が可能です 温度の均一性が向上し、材料に必要なプロファイルをより適切に制御できるため、毎回同じ品質を達成することが容易になります。」

電気加熱がもたらす違いは、炉の周囲の作業環境で最も顕著であり著しく静かで清潔です。

「電気加熱に切り替えて以来、私たちの施設は排気ガスを排出することはありません」と、スウェーデンのHoforsにあるOvakoの工場の生産開発者であるMats Bergström氏は言います。 「以前は当社のオペレーターはガスバーナーのせいで頭痛や軽い吐き気を感じることがありましたが、今では、よりクリーンな環境で作業を行うことができます。」

生産もよりスムーズになりメンテナンスの要件がはるかに少なくなります。

「たとえば、Hoforsの熱処理工場には、もともと約450基のガスバーナーがあり、そのうちの1つに常に問題がありました」と、Lugnet氏は言います。 「300個余りのTubothal®発熱体に交換して以来、日常のメンテナンスは全く不要です。 場合によっては発熱体の交換が必要になることもありますが以前と比べれば大したことではありません。」」

お問い合わせ

お問い合わせ、またはご質問がある場合は、次の連絡先にアクセスしてください。

お問い合わせ

最新情報をお届けします

当社のニュースにご登録いただくと、このサイトで紹介しているような詳細を入手できます!

登録する

ヒーティングテクノロジーの未来を垣間見る

鉄鋼生産は変化しようとしており、その変化の大きな部分は電気式ヒーティングです。 電化の課題と機会についてもっと学びましょう。

詳細を見る

プロセスの詳細

連続加熱炉

詳細を見る

Ovakoの概要

Ovakoは、ベアリング、輸送、製造業界向けのハイテク鋼ソリューションを開発しています。 その生産はリサイクルされたスクラップに基づいており、棒、チューブ、リング、プレコンポーネントの形状の鋼が含まれます。

Ovakoは30か国以上に約2,800人の従業員を擁し、売上高は約9億ユーロです。 山陽特殊製鋼の子会社であり、世界第3位の鉄鋼メーカーである日本製鉄グループのメンバーです