業界の前途: 進むべき道は電化

世界中の産業関係者が化石燃料のない未来、または少なくとも今日のレベルから大幅に炭素排出量が削減される未来を目指す中、電気加熱は重要な役割を果たしています。

KANT_electric_electrifying_industry_green_power_880x480.jpg

化石燃料からの排出は、気候変動を引き起こすことが広く知られていると同時に、人間の健康と 地球の生態系に危険をもたらしています。 近年、政府や政策立案者は、化石燃料への依存を最小限に抑えるための法律や環境目標を設定することで対応してきました。 このプロセスの重要な特徴の1つは、化石ベースのエネルギーからクリーンな電力への移行です。

研究者は政府や業界関係者がパリ協定と欧州グリーンディールによって設定された気候目標を達成しようとする中で、電力部門の徹底的な脱炭素化が鍵になると考えています。後者は、2050年までにカーボン ニュートラルを達成することを目指して、EUのグリーン変革を約束しています。

産業プロセスの電気化が中心

Silvia Madeddu博士は、ポツダム気候影響研究所に勤務し、業界の脱炭素化戦略を専門としています。 最近発表された論文で、彼女と彼女の同僚は、欧州産業における熱供給の電化によるCO2削減の可能性を分析していますこれは、EUの2050年の気候中立性目標のボトルネックです。 Madeddu博士は、化石燃料を低炭素電力に置き換え、その電力を加熱などのコア産業プロセスに使用することがこの課題の中心であると説明しています。

Dr. Silvia Madeddu works at the Potsdam Institute for Climate Impact Research, where she specializes in industry decarbonization strategies.

野心的な気候目標が世界的に設定されているため、エネルギー転換を加速し、それを支援する政策を実施するよう、政策立案者や指導者の肩にますます圧力がかかると予測することしかできません」と彼女は言います「産業プロセスにおける電気加熱は、この移行の中心となります。なぜなら、産業はヨーロッパCO2排出量の約15%を占めているからです。 したがって、化石燃料の代わりに低炭素電力を使用することで、産業プロセスの環境への影響を大幅に減らすことができます。」

Madeddu博士の調査によると、ヨーロッパでは、電力部門がすでに脱炭素化されていると仮定すると、電化によって産業のCO2排出量を78%削減し、エネルギー関連のCO2排出量をほぼ完全に削減できることがわかりました。 これにより、業界のボトルネックはプロセスの残留排出量のみに削減されることになります。

電力部門が重要な役割を果たす

国際エネルギー機関のWorld Energy Outlook 2020によると、Covid-19の危機は、「信頼性が高く、手頃な価格で安全な電力供給の重要性」をさらに強調しています報告書は、電力セクターが世界的なエネルギー需要を供給し、パンデミック後の経済回復を支援する上で重要な役割を果たすようになると予測しています。 世界の電力需要は回復し、2021 年にはCovid以前のレベルを超え、電力は世界の最終エネルギー消費の21%に達すると予測しています。

Madeddu博士は、電化のさらなる推進力は、化石燃料価格の変動により代替エネルギー源を確保し、柔軟性を最大化する必要があることに加えて、燃焼システムと比較して大幅なエネルギー節約を実現する可能性がある電気駆動技術によって提供される効率の利点であると述べています。

産業の電化は、環境の観点から一部の分野ではすでに理にかなったものになっていますが、脱炭素プロセスを達成するには、グリーン電力を拡大する必要があります。 しかし、再生可能エネルギーはすでに増加しておりIEAは、今後10年間で世界の電力需要の伸びの最大80%を賄うと予測されています。

世界の再生可能エネルギーの発電容量は着実に増加しており再生可能エネルギー広大な可能性はバイオマスなどの他のグリーンエネルギー源よりも明らかに優れています」とMadeddu博士は付け加えます

ハードルを克服する

電気への切り替えに必要な技術はほぼ整っていますが、まだ克服すべきハードルがあります。

グリーン電力へのアクセスの不足とは別に、その他の障害は、専門知識の不足と、長期的な持続可能な投資よりも短期的な利益を優先する産業関係者の傾向などです。

コストは依然として大きな障害ですMadeddu博士によると、ヨーロッパでは依然として電気代平均してガスの約3倍かかります。 彼女と彼女の同僚が論文に書いているように「電化への産業投資は、金銭だけでなく技術的専門知識の獲得も含めて電力がコスト競争力を持つ明確なシナリオが提示されるまでは、おそらく進捗しないでしょう」。

Madeddu博士は、電力税の調整や、賦課金や炭素税などの他の支援政策を通じて、エネルギー市場に公平な競争条件が作られれば、移行は加速すると主張しています。

炭素税が実施されれば、電力部門の変革は大幅に速く、より深くなり、新しい電化時代が促進され、再生可能エネルギーが最もクリーンなだけでなく、最も安価なエネルギーキャリアになる可能性があります」と彼女は結論付けています。

お問い合わせ

お問い合わせ、またはご質問がある場合は、次の連絡先にアクセスしてください。

お問い合わせ

最新情報をお届けします

当社のニュースにご登録いただくと、このサイトで紹介しているような詳細を入手できます!

登録する

ヒーティングテクノロジーの未来を垣間見る

鉄鋼生産は変化しようとしており、その変化の大きな部分は電気式ヒーティングです。 電化の課題と機会についてもっと学びましょう。

詳細を見る

国際エネルギー機関が考える再生可能エネルギーの未来



IEAのStated Policies Scenario (STEPS)再生可能電力源の強力な成長を予測しており、今後 10 年間で世界の電力需要の伸びの80%に対応し、2025年までに主要な発電手段として石炭を追い抜くと想定しています2030年までに、水力、風力、太陽光発電、バイオエナジー、地熱、太陽熱と海洋電力を合わせると、電力供給のほぼ40%が供給されます。