電気式ヒーティングの神話を破る

ガス式ヒーティングから電気式ヒーティングへの切り替えを考えているなら、すべての事実を知る必要があります。 ここでは、電気式ヒーティングソリューションに関連する一般的な神話のいくつかを明らかにし、十分な情報に基づいた意思決定を支援します。

神話: 電化ソリューションでは十分な出力を供給できません

事実電気式ヒーティングは遅すぎるという一般的な誤解がありますが、Kanthalの高温ヒーター製品は優れた温度上昇率を実現することが証明されており、炉を適切な時間内に必要な温度に上げることができます。

神話: 電化ソリューションでは、摂氏1,000度(華氏1,830度)を超える温度には対応できない

事実: Kanthalの電気式ヒーティング製品は、どのような温度要件であっても加熱プロセスのためのエネルギー効率の高いソリューションを提供します。 Kanthal のソリューションはすべて、個々のお客様のニーズに合わせて特別に設計されており、摂氏1,500度(華氏2,730度)までの炉温度で効果的であることが実証されています。

神話: 電気式ヒーティングの持続可能性のメリットは、再生可能エネルギーが利用可能な場合にのみ当てはまる

事実: 化石燃料を利用した発電所からの電力を使用している場合でも、電気ヒーターの効率が大幅に改善されているため、全体的な炭素排出量は依然として少なくなっています。 さらに、発電所の排出量とエネルギー効率に関する規制は厳くなっており、たいていの場合その運用は想像以上に持続可能です。

神話: 電気式ヒーティングは実証されていない技術である

事実: まだ多くの製鉄所で電気式ヒーティングソリューションを見たことがないかもしれませんが、それは決して新しいトレンドではありません。 Kanthalは、何年にもわたって世界中で電気式ヒーティングソリューションを導入しており、数十年にわたって自社の製品に電気式ヒーティングを使用してきました。

お問い合わせ

お問い合わせ、またはご質問がある場合は、次の連絡先にアクセスしてください。

お問い合わせ

最新情報をお届けします

当社のニュースにご登録いただくと、このサイトで紹介しているような詳細を入手できます!

登録する

ヒーティングテクノロジーの未来を垣間見る

鉄鋼生産は変化しようとしており、その変化の大きな部分は電気式ヒーティングです。 電化の課題と機会についてもっと学びましょう。

詳細を見る