バッテリー業界がカーボンニュートラルを目指すには、電気プロセスが鍵となります

化石燃料を使用しないバッテリーの需要が世界的に高まる中、リチウムイオン電池業界の気候変動に対する取り組みが注目されています。 立法機関も顧客もクリーンな生産チェーンを求めている中で、生産工程で使用する化石燃料を可能な限り電気に置き換えることで、先手を打つことができます。

ほとんどの業界で、持続可能なバリューチェーンと循環型ビジネスモデルは、長期的な生き残りのためにますます不可欠になっています。 議員、団体、顧客、投資家など、さまざまな利害関係者からの圧力が高まっています。Anders Björklund, Kanthal President

パリ協定に基づき、気候変動を食い止め、逆転させるために、国連の「行動の10年」と「持続可能な開発目標」17項目に沿った企業活動が活発化しています。

Kanthalの社長であるAnders Björklundは、「お客様の意識が変わってきた」と語っています。 「当社は90年以上にわたって様々な産業に電気式加熱ソリューションを提供してきました。生産性とコストは依然として重要な考慮事項ですが、二酸化炭素排出量を最小限に抑えることがますます重要になってきています。」

厳しい目で見られるバッテリー業界

欧州委員会が提唱する「グリーン・ディール」が温室効果ガス排出量ネットゼロを目指す2050年に向けて、二次電池は化石由来のエネルギー源に代わる重要な役割を担っています。 例えば、リチウムイオン電池は、二酸化炭素を排出しない電気自動車の需要により、自動車産業で使用量が急増すると予測されています。

このような環境意識の高まりの一方で、リチウムイオン電池業界はより厳しい目で見られています。 欧州委員会は、採掘から加工、使用、廃棄に至るまで、バッテリーのバリューチェーン全体に焦点を当てた「2020年持続可能な電池規則」を策定し、その熱意を高めています。

加熱プロセスの電化という賢い選択

化石資源を使わないバッテリーを提供したいバッテリーメーカーにとっては、スポデューメンからリチウムを抽出する際の加熱工程を含め、すべての製造工程を気候変動に左右されないものにする必要があります。 例えば、β-スポジュメンの酸焙焼では、ガス焚きの炉が一般的ですが、電気式加熱のソリューションでプロセスを改善することができます。

電気を使ったエコ・スマート化は、さまざまな産業で見られる傾向です。 原則として、メーカーはますます厳しくなる規制に対応し、排出量削減目標を達成することができるようになります。 化石燃料を使用しないのであれば、電気式プロセス機器に変更することは、窒素酸化物(NOx)や二酸化炭素(CO2)を排出しないことを意味します。

2倍の効率

また、電気ヒーターは、生産効率を上げながら、工場運営のコストダウンにも貢献します。

ガス加熱の炉に比べて、電気式加熱の機器に変えると実質的に2倍の効率が得られます。

「ガス加熱の炉に比べて、電気式加熱の機器に変えると実質的に2倍の効率が得られます」と、Björklundは言います。 「ガスベースのソリューションは、一般的に多くの人員を必要とするため、これは長期的な環境利益と運用利益につながります。 例えば、機器を調整するためには、通常、作業員が現場に出ていなければなりません。 電気ソリューションなら、それをコントロールルームから的確に管理できるため、人件費を節約することができます。

「長年にわたり、電化する新しい理由を見てきました。そして、新しいタイプの加熱プロセスに適合するよう、常に技術とソリューションを開発してきました」と、Björklundは続けます. 「私たちの経験では、電化はまず産業のバリューチェーンの下流で行われ、その後、逆算して行われる傾向があります。」

お問い合わせ

お問い合わせ、またはご質問がある場合は、次の連絡先にアクセスしてください。

お問い合わせ

最新情報をお届けします

当社のニュースにご登録いただくと、このサイトで紹介しているような詳細を入手できます!

登録する

良いものは、必ずさらに良くなります。

リチウムイオン電池産業が急成長する需要に対応するために生産規模を拡大する場合、効率的で持続可能な加熱プロセスが不可欠となります。 Kanthalの電気加熱技術は、CO2とNOxの排出を削減しながら、エネルギー効率と生産性を向上させます。 お客様のプロセスニーズに対する利点について、詳しくはこちらをご覧ください。

詳細を見る