Fibrothalは電気の未来への鍵です

KanthalのFibrothal®加熱モジュールは1970年代から存在していますが、今や最も注目されている加熱モジュールです。 大規模な工業用加熱アプリケーションを電化する動きが続く中、Fibrothal® が重要な役割を果たしています。

Fibrothal®: A modular heating solution

Markus Mann, Manager Technology Innovation, Kanthal「1978年にFibrothal®の製造を開始したとき、それが今日のように大きくなるとは誰も想像できなかったと思います」と、ドイツのヴァルドルフにあるKanthalの工場でテクノロジー イノベーションマネージャーを務めるMarkus Mannは述べています。

Kanthalが最初にFibrothal®の製造を開始したとき、ブランケットや折り畳みブロックなどのセラミックファイバーを電気加熱炉で電気発熱体と組み合わせるという大きな課題を解決しようとしていました。 今日、Fibrothal®製品群には、電気ヒーターの有無にかかわらず、真空成型されたセラミックファイバー構成品からなる製品シリーズが含まれます。

広範なテスト

「Kanthalでは、お客様が『これで十分』で妥協する必要は決してないと考えています。そのため、すべてのFibrothal®ソリューションは、開発中に広範囲にテストされ、炉メーカーと協力して継続的に改善され、使いやすく設置しやすいことを確認しています。」とMannは述べています。

Fibrothal®は、断熱材と発熱体を1つの革新的なシステムに組み合わせ、優れた断熱材とカスタムメイドの加熱ソリューションの両方を提供します。 設置が簡単で、モジュール式のセットアップにより、特定の顧客のニーズに合わせて簡単に調整できます。

「個々の用途に応じて、エネルギーを節約するように設計および最適化できます」とMannは言います。 「Fibrothal®ほど市場に出回っているものは他にありません。」

迅速な設置

従来、炉の製作は非常に手間のかかる作業で、何週間もレンガを積み重ねることもありました。 Fibrothal®では、システムのモジュール化により、この導入が最短1~2日で完了します。

ただし、Mannが端的に指摘しているように、まったく同じプロセスは2つとありません。

適切な合金で作られた適切な発熱体と設計があれば、代わりに高性能と長寿命、高い稼働時間と優れた生産性が得られます。

「当社がFibrothal®でマーケットリーダーであるのには理由があります。 数十年にわたり蓄積してきた経験により、この技術を最大限に引き出すことができるからです」と彼は説明します。 「数十年にわたりFibrothal®を製造・開発してきた私たちは、お客様の求めるプロセスを正確に実現する能力に大きな自信を持っています」。 そして、最終的に行き着くところは、こういうことです。 適切な合金で作られた適切な発熱体と設計があれば、代わりに高性能と長寿命、高い稼働時間と優れた生産性が得られます。」

お客様との共同開発

Ines Nickel, process engineer, KanthalFibrothal®の開発では、何一つ偶然は許されません。 Mannは、Kanthalには独自の研究所があり、製品とプロセスを限界までテストしていると説明しています。 そして、Fibrothal®が将来の需要増に対応できるよう、最適化を進めています。

「私たちの開発プロセスは、お客様との共同作業で成り立っています。」 「私たちは、お客様の声を真摯に受け止め、その声を開発プロセスに反映させ、私たちの製品やソリューションがお客様のニーズに応えられるようにしています。

では、Fibrothal®はどこで使用されているのでしょうか。

KanthalのプロセスエンジニアであるInes Nickelは、「高温を扱う産業であれば、Kanthalが熱を提供します」と述べています。 「Kanthalにとって熱すぎる熱はありません。」

将来を見据えたテクノロジー

「Fibrothal®は熱伝導率が非常に低いので、省エネルギーにつながります」。と彼女は言います。 「そして、節電は未来につながります。」

将来性のある技術として製品の地位を確固たるものにするもう1つの重要な要素は、もちろん、化石燃料を使用しない電熱を提供することです。

Fibrothal®は基本的に、工業プロセスで高温を必要とするあらゆる用途に使用できると、Nickelは説明しています。 これには、アルミニウム、半導体、リチウムイオン産業向けの熱処理が含まれますが、これに限定されるものではありません。

酸焙煎用Fibrothal®

Fibrothal® heating moduleFibrothal®は、リチウムイオン産業、より具体的には、リチウム精製中に行われる酸焙煎プロセスの効果的な加熱ソリューションとしての地位を確立しています。

「これは適度な温度で起こるプロセスです」とMannは説明します。 「つまり、電熱を使うと非常に高いエネルギー密度が得られるということです。」

リチウムイオン電池をはじめとする様々な用途にFibrothal®を使用した実績があるのは、ドイツと韓国の機械エンジニアリング会社で熱処理装置メーカーでもあるOneJoon社です。

「私たちがFibrothal®を使うのは、それが効果的だからです」OneJoonのプロセス開発および技術担当副社長であるPeter Vervoort氏は次のように述べています。 「他のものに変えたくありません。」

OneJoonとKanthalは50年以上にわたって協力してきました。Fibrothal®の発売以来ほぼ45年間、さまざまな業界でそれをテストする機会が十分にありました。

Fibrothal®は「ゲームチェンジャー」

「Fibrothal® を今でも使用している最も古い用途はカミソリの刃産業ですが、炭素繊維の製造や、もちろんバッテリー産業でも使用しています」とVervoort氏は言います。今後数年間のバッテリー事業のゲームチェンジャーであると氏は考えています。

「急速に発展するバッテリー事業において、大規模化は私たちが直面する最大の課題です」と彼は言います。 「Fibrothal®エレメントは、大規模な炉にスケールアップするために必要な温度精度を達成するのに大いに役立ちました。」

一方、Markus Mannは、Fibrothal®の未来は明るいと信じて疑っていません。

「大規模プロセスの電化に向けた動きは、まだ始まったばかりです」と彼は言います。 「Fibrothal®はかなり古い製品ですが、その実力を発揮するのはまだまだこれからだと思います。」

お問い合わせ

お問い合わせ、またはご質問がある場合は、次の連絡先にアクセスしてください。

お問い合わせ

最新情報をお届けします

当社のニュースにご登録いただくと、このサイトで紹介しているような詳細を入手できます!

登録する

良いものは、必ずさらに良くなります。

リチウムイオン電池産業が急成長する需要に対応するために生産規模を拡大する場合、効率的で持続可能な加熱プロセスが不可欠となります。 Kanthalの電気加熱技術は、CO2とNOxの排出を削減しながら、エネルギー効率と生産性を向上させます。 お客様のプロセスニーズに対する利点について、詳しくはこちらをご覧ください。

詳細を見る