アーカイブ

22 6 2022 , 機能

光り輝くものはすべて金とは限リませんが、リサイクル可能な合金である可能性があります。 特にハルスタハマーにあるKanthalの工場では、金属くずを再利用することで、生産工程における原材料の必要性を減らすことに成功しています。

18 5 2022 , 機能

Kanthal® AFチューブはメンテナンスが最小限で済み、特にTubothal®ヒーターと組み合わせた場合に、非常に効率的で優れた出力が得られます。

6 5 2022 , 機能

インドのプネに拠点を置くMalhotra Engineersは、粉末冶金プラント用の焼結炉、および蒸気や熱処理炉などの二次プロセス炉を製造しています。 1990年代以降、同社はKanthalから供給された電熱線のみを使用してきましたが、Kanthalと同社の創設者であるRavi P. Malhotra氏との関係はさらに遡ります。

28 3 2022 , 機能

ニッケル価格の高騰と将来の供給不安から、炉メーカーやエンドユーザーにとって、今こそニッケルクロム管に代わる選択肢を模索する絶好の機会です。 たとえば、Kanthal® APMとKanthal® APMTは、さまざまな利点を追加で提供できます。

10 1 2022 , 機能

EUが資金提供するNextowerプロジェクトへの参加を通じて、KanthalSandvik Materials Technology革新的な新材料とコンポーネントを生み出すことに成功し、これは次世代の集光型太陽光発電(CSP)タワーシステムの開発に使用されています

23 11 2021 , ニュース
14 10 2021 , 機能

持続可能性はこれまで以上に世界的議題としての重要度が高まっていますが、米国ほど高まっている国はありません。米国では、ジョー・バイデン大統領が2030年までに米国内の温室効果ガス排出量を2005年の半分以下に削減しようとしています。電化は、鉄鋼業界におけるこの進展にとって鍵となるでしょう

ページに進む , 1 , 2 , 3(このページ) , 4 , 5 , 6 , 7 , , 18