持続可能なビジネス

当社は業界に変革をもたらし、長期にわたり事業を成功に導き、エンジニアリングを通じて世界の発展に寄与します。

当社は、持続可能性を事業のあらゆる側面に溶け込ませることで、すべての人に価値をもたらし、お客様にとって革新的なビジネスパートナーであることを目指しています。 当社が目指すライフサイクルへのアプローチは、より持続可能性が高くレジリエントな事業を推進するために、サプライチェーン全体でお客様への製品やサービスの提供を通じて業務に邁進することです。 当社の2030年の持続可能性の目標は、気候、循環性、人々、フェアプレイの分野で設定されており、Sandvikグループで共有され、より持続可能なビジネスへの移行を後押ししています。

susbus_400.png当社が構築する循環性

90%を超える循環

当社は、より循環性の高いビジネスモデルへの移行とリソースの使用を推進し、循環の輪を結び、使用するプロセスや材料から新しい収益源を生み出す方法を見つけ出します。

  • 全開発プロジェクトの材料および資源効率を改善する 
  • お客様のリサイクルや循環性に関するビジネスモデルを開発する
  • 包装材を含む当社の製品において、少なくとも90%の材料の循環性を達成する
  • 生産工程の無駄を半減する
  • 主要サプライヤーに90%の循環性を求める

istock-967444450_400.jpg当社の気候変動への取り組み

CO2インパクトを半減する

当社は、気候への影響を低減するための目標達成に向けて取り組んでいます。 当社では、当社の目標達成に役立つように、お客様のために、そして、サプライヤーと共に、当社の事業における考え方や成果を変えることを目指しています。

  • 全製品開発プロジェクトのCO2排出を改善する
  • お客様に価値提案する際には、検証済みのCO2削減の可能性を常に含める
  • 当社の生産からのCO2のフットプリントを半減する
  • 人や製品の輸送のためのCO2フットプリントを半減する
  • 当社の主要サプライヤーにCO2フットプリントの半減を求める

kanthal-9061_400.jpg従業員を守る

従業員へのゼロハーム

当社は従業員のために最高水準を目指し、これらの基準を一層高く上げ続けます。 当社の目標はゼロハームです。

  • 全製品開発プロジェクトの健康と安全性を改善する
  • 全製品と全サービスでの健康と安全性やリスクを分析する
  • 労働災害発生頻度(TRIFR)と業務上の傷病数を半減する
  • Sandvikの全従業員に健康と福祉に関するプログラムを受講させる
  • Sandvikの基準に到達するために、主要サプライヤーから健康と安全性に関する改善計画を求める

_dsc8574-redigera_400.jpg公正への取り組み

常に正しい行動をとる

当社は、倫理と透明性において絶えず高みを目指し、公正な業務を主導的に行い、高い透明性を保ちます。

  • 持続可能性の目標と成果に関する透明性を高める
  • 先を見越した機敏なコンプライアンス体制を事業運営に完備する
  • 多様でインクルーシブな職場を実現し、管理職の少なくとも3分の1を女性にする
  • 社会に多大な好影響を与える地域の関わりに全従業員が従事
  • 全サプライヤーにSandvikのサプライヤー行動規範を順守させる

当社のイネーブラー: 変化推進への取り組み

パフォーマンス管理
パフォーマンス管理システム内への統合、経営幹部向けインセンティブプログラムへの組み込み

アイデアのハブ
持続可能性に関するアイデアプログラムを創設し、2030年までに10万の持続可能性に関するアイデアやイノベーションの提案を集める

優れたガバナンス
The Sandvik Wayとサンドビックの行動規範を通じて、十分に機能する効率的なガバナンスを実施する

移行の奨励
持続可能なビジネスパートナー賞の実施(Sigrid Göranssonを記念する賞)

透明性
当社の進歩や学習、働き方の透明性を通じて、変化を促進する

詳細を見る

関連記事

Kanthalの持続可能性への取り組み