Kanthalとは

当社は、工業用電気式ヒーティングテクノロジーや抵抗材料を専門とし、世界規模で幅広い産業に製品やソリューションを提供しています。 研究開発に対する広範な投資とコラボレーションへの熱意により、当社は技術開発の最前線に立ち続けています。

Kanthalは電気加熱技術を熟知しています

Kanthalは、1931年に冶金学者Hans von KantzowがFeCrAl(鉄・クロム・アルミニウム)合金の発見に基づいて創業して以来、業界をリードする電気加熱技術を世界に提供し続けています。

最初のFeCrAl合金に続いて、より画期的な抵抗材料が発明されました。 当社は、世界で初めて二ケイ化モリブデン(MoSi2)発熱体を提供し、炭化ケイ素(SiC)発熱体もラインナップしています。

長年にわたり、産業用途の抵抗加熱ソリューションにおいて、市場で最大の製品群を構築してきました。 特定の合金を開発して溶解し、ワイヤー、ストリップ、チューブ、プレートなどに変換する能力を持つ当社は、加熱材料だけでなく、発熱体や加熱ソリューション一式をお客様に提供することができます。

当社の偉大な発明の詳細はこちら

どこを見回しても、Kanthal®製品により実現した用途であふれています。 ガラスセラミックアルミニウム鉄鋼などの伝統的な産業から、太陽電池半導体リチウムイオン電池などのESG(環境、社会、ガバナンス)産業に至るまで、化石燃料を使わない効率的な熱処理技術を支援します。

Kanthalは革新的なソリューションをお客様とともに生み出しています

イノベーションはKanthalの中核であり、毎年売上高の2%を研究開発に投資しています。 優れたアイデアは、他者との協働によって生まれることが多いため、当社は大学や研究機関、お客様とともに多くのプロジェクトに参加して、まだ存在しないかもしれない課題に対する新しい解決策を見いだしています。 こうして、電気加熱ソリューションのNo.1企業であり続けるとともに、新しいトレンドに対応したソリューションを提供しています。

また、イノベーションとは、既存のオペレーションを微調整することでもあります。 溶融から完成品までの全生産工程を社内で行っているため、最終製品の品質や均一性を独自に制御することができます。 90年を超える歴史の中で、当社はプロセスを完成させることができました。

人と地球を大切にしています

持続可能なビジネスは、私たちの将来の成長と成功に不可欠です。 当社の2030年の持続可能性の目標は気候、循環性、人々、フェアプレイの分野で設定されており、Sandvikグループで共有されて、より持続可能なビジネスへの移行を後押ししています。

また、お客様の持続可能性パフォーマンスを向上させることで、変化をもたらしています。 当社が熱処理の電化を支援することで、お客様はエネルギーコストを削減しながら、CO2排出量を削減することができます。

Kanthalで働く理由として従業員の間で共通するものがあります。それは、真の変化をもたらす機会があるということです。 Kanthalの従業員一人ひとりが、この変革を実現するための一員であり、従業員がKanthalの最も貴重な資産である理由でもあります。 私たちは、多様な視点、経験、背景を持つ人々が集うことで、より優れた仕事ができるようになると考えています。

従業員の詳細は、採用情報ページをご覧ください。

Kanthalは持続可能な未来に寄与する電化を促進しています

昨今、気候変動は私たち全てにとって差し迫った脅威であり、多くの産業が、世界中の政策立案者が設定した野心的な排出目標をいかに達成するかに注力しています。

カンタルの電気加熱技術は、産業界の二酸化炭素排出量を最小限に抑えるために重要な役割を果たすことができます。 経験上、電気はすべての熱処理で化石燃料の代わりになることがわかっています。 CO2や熱によるNOx/SOxの排出を削減するほか、電気式ヒーティングには効率や温度管理、作業環境の改善などの利点もあります。

ご覧ください: Kanthalの研究開発・技術責任者であるDilip Chandrasekaranが、電気式ヒーティングの利点について説明します。

私たちの願いは、今日と明日のニーズに応えるために、電気式ヒーティング技術の道を歩み続けることです。

採用情報

従業員の学習を促す居心地の良い職場で一緒に働きませんか。 Kanthalでは、堅実な研究と顧客ケアを組み合わせて開発を推進し、電化などの環境に配慮した目標に向かって取り組んでいます。

詳細を見る

歴史

Kanthalの長きにわたる伝統は1931年にさかのぼります。この年、KanthalはエンジニアのHans von Kantzowによって設立されました。 Kanthalの名称は、Kantzow (Kant)とスウェーデンの町のHallstahammar (Hal)に由来します。AB Kanthal社はこの町で創設され、以来、この町を本拠地としています。

詳細を見る

イノベーション

Kanthalの事業は、画期的なKanthal®FeCrAl合金から始まりました。この合金は電気式ヒーティングの用途を一変させました。 そして、当社は90年以上にわたりその道を歩み続け、加熱と熱処理に向けた新しく革新的な材料とソリューションを開発しています。 当社はヒーティングテクノロジーを熟知しており、イノベーションはまさに当社のDNAに組み込まれていると言えます。

詳細を見る

組織

Kanthalは、2つの主な事業部門から構成されるグローバルな組織で、さまざまな用途に貢献しています。 それは、ヒーター材料部門とヒーティングシステム部門です。

詳細を見る