Globar® SGおよびSR

Globar ® SGおよびSRは、Kanthalの最高性能の炭化ケイ素(SiC)ヒーターであり、今日の最も要求の厳しい高温プロセスの要件を超えるように設計されています。

もっと詳しく知る必要がありますか?

お問い合わせ

インフォメーション

各ヒーターは管状で、炉の壁を通過する高抵抗の高温ゾーンと低抵抗のコールドエンドからなります。 チューブに1箇所以上のヘリカルカットで機械加工すると、ホットゾーンができます。 その結果、
電流路の長さが伸び、その断面積が減って抵抗が増します。 コールドエンドの端部はwが噴霧され、低抵抗の接点ができます。 Globar ® SR発熱体には2スタートヘリカルカットがあり、一方の端に端子アセンブリが付属しています。

Globar® SG element

Globar® SR element

製品仕様

材料の構造と性能

Globar® SGおよびSRヒーターの卓越した性能を実現する主な特長はその高い密度です。 従来のヒーターよりも構造の多孔性が低いだけでなく、細孔の多くが閉じており、プロセスガスにアクセスできません。 そのため、反応速度が制限されて、最も過酷な条件下でもヒーターの寿命が延びます。
SiCヒーターはすべて、温度が上昇するにつれて抵抗が増しますが、Globar® SGおよびSR発熱体を使用すると、従来の再結晶化された発熱体よりも、抵抗が増す速度がはるかに遅くなります。 Globar® SGおよびSR発熱体は一般に、同等サイズのロッド状発熱体よりもはるかに高い抵抗を持ちます。この高い抵抗が経時的な低い抵抗変化率と相まることで、ほとんどのシステムは現場の電源電圧から直接、確実に動作できます。

ほとんどの場合、変圧器は不要であり、ソリッドステート・コンタクタまたはサイリスタ(SCR)を使って低コストで制御を行うことができます。

電気的特性

Globar® SGおよびSR発熱体は、アルファ炭化ケイ素の典型的な抵抗と温度特性を示します。 900°C (1650°F)~約1600°C (2910°F)までは一貫していますが、曲線は周囲温度と800°C(1470°F)の間で変動します。 室温での抵抗は1000°C (1830°F)で数倍になる可能性があり、昇温時に発熱体の抵抗を必ず測定する必要があります
発熱体の種類 密度(g/cm& lb/in3) 気孔率(%) 4パイント曲げ強度(MPa)
標準密度 2.30 0.08 25.0 50
Globar® SGおよびSR
2.85 0.10 8.5 100

Micrographs of SiC elements, Globar® SG

Micrographs of SiC elements, standard density bar