Fibrothal GSO

Fibrothal GSOは、Kanthalストリップヒーターを使用した真空成形ヒーターモジュールです。この帯ヒーター設計は、高出力、低温における高速昇温、および非常に優れた均熱性を実現します。サポート治具は必要ありません。

もっと詳しく知る必要がありますか?

電話番号(代表) メールアドレス

Fibrothal GSOヒーターモジュールは、厳しい条件でも耐えうる独特のサポート構造を備えています。これにより寿命が大幅に向上するだけでなく、最大100 kW/m2の壁負荷を実現します。このモジュールは高温での均熱性を実現しながらも、柔軟な設計(たとえば、垂直、水平、壁面)が可能です。断熱材は非常にスリム(最小で45 t)ですが、十分な機械的強度があります。適用される定格電圧(50V/100V/200V/380V)

2種類の製品タイプが製造可能

Fibrothal GSOのパネルタイプ

  • 定格電圧での設計が容易
  • 100 x 100 mm (3.94 x 3.94 inches)~1075 x 650 mm (42.3 x 25.6インチ)の任意のサイズで製造可能

Fibrothal GSOのシリンダータイプ

  • 内径150 mm (5.9インチ)~2000 mm (78.7インチ)の任意のサイズで製造可能

用途:

  • 連続加熱炉
  • 粉末焼結(Fe、Ni – 1200°C)
  • ろう付け(Cu、Ni – 1200°C (2190°F))
  • 粉末加熱(LiB、炭素など)
  • 高頻度使用するバッチ炉
  • ホットスタンプの予熱(Zn、Al鋼板)
  • ガス浸炭炉
  • 小型のバッチ炉
  • 研究開発での使用
  • ガラスのアニーリング(薄いガラス)

セラミックヒーターとの比較