Superthal®平面パネル

これらの平面パネルは、固定接点で端子がストレートまたは90°に曲がっている、Kanthal® Super MoSi2ヒーターによって加熱されます。 要望に応じた発熱体の寸法と構成。 パネルは水平方向に使用するように設計されています。

もっと詳しく知る必要がありますか?

お問い合わせ

インフォメーション

大幅に削減されたエネルギー消費量 – 正確な温度制御
Superthal®平面パネルは、フィーダー前炉のオーバーヘッドヒーターとしてガラス産業一般的に使用されています。 パネルは、強化セラミック繊維と一体となったKanthal®Superの二珪化モリブデン(MoSi2)ヒーターで構成されています。 各パネルの寸法とヒーターのレイアウトは特別設計されています。
Kanthal®は、設計と設置について詳細な技術的アドバイスを提供できます。 フィーダーの場合、設置は非常に簡単で、通常1〜2日かかります。

製品仕様

パネルは、出力と寸法の点で特定の各フィーダーの要件を満たすように特別設計されています。 数多く設置してきた一般的な経験から言うと、エネルギー消費量はほとんどの場合、最大40%に大幅に削減され、正確な温度制御が実現して、ガラス品質の向上に役立っています。 パネルは水平方向に使用するように設計されています。

発熱体のタイプ: Kanthal® Super
端子: ストレートまたは90°の曲げ、固定接点
最大連続運転温度 1600°C (2910°F)
最大出力 150 kW/m2 (14 kW/ft22
標準的な厚さ 125 mm (4.9インチ)
最大長 1000 mm (39.4インチ)

アプリケーション

熱処理炉