Superthal X

Superthal Xは、約1600°C (2910°F)の運転温度で信頼性が高く使いやすい加熱パネルです。新しい設計のおかげで発熱体は稼働中に安定しており、そのため製品の寿命が大幅に伸びます。

もっと詳しく知る必要がありますか?

電話番号(代表) メールアドレス

構造

  • この設計には、Kanthal Super HTヒーターと(安定性向上のための)発熱体の支持棒の両方が含まれています
  • 発熱体は水平方向に自由に動くので、機械的ストレスのリスクが低減されます
  • 発熱体全体の機械的負荷は、特別に設計された高アルミナチューブによって支えられ、これによって発熱体が炉内に落下するリスクを低減しています

Superthal Xはあらゆる水平ヒーターに適用することができ、発熱体は単独で交換することもでき、設置が非常に簡単です。発熱体は稼働中に安定しており、上下の両面を加熱することができます。主な用途は連続加熱炉用です。

次の3種類の製品タイプが製造可能です。

Superthal X

• セラミック焼成(プッシャー/RHK)やガラス焼鈍に適しています

Superthal X Oniron

  • 条件が非常に厳しい場合に適しています
  • 主にガラス溶融炉用
  • Superthal Xよりも丈夫

Superthal X GOSiC

  • 両面ヒーター用
  • 約1400°C (2550°F)の温度での機械的強度を高めるために使用されるSiC支持チューブ
  • サーマルショックへの耐性