カテゴリー: 持続可能性 , Battery
発行済み 13 9月 2022

炭化ケイ素エレメントを搭載したローラーハースキルンは、長年にわたりカソード製造の焼成工程の標準として使用されてきました。 しかし、ロータリーキルンの方が良いとしたらどうでしょう。 Kanthalは現状に挑戦したいと考えています。

世界中の多くの炉メーカーに信頼されるパートナーとして、Kanthalはあらゆるタイプの窯や炉に最先端の発熱体を提供しています。 カソード製造の焼成工程では、Kanthalでは従来からローラーハースキルン用の炭化ケイ素発熱体を提供してきました。CaptionSachin Pimpalnerkar, Global Segment Manager for Renewables, Kanthal

しかし、ローラーハースキルンは、この特殊な加熱プロセスに本当に最適なのでしょうか。 Kanthalの再生可能エネルギー担当グローバルセグメントマネージャー、Sachin Pimpalnerkarは、「それは違います」と言います。

ロータリーキルンは、カソード材メーカーのエネルギー効率、温度均一性、耐用年数、生産性を向上させる可能性を持っています

「他の産業や用途から得た膨大な経験から、ロータリーキルンにはカソードメーカーのエネルギー効率、温度均一性、寿命、生産性を改善する可能性があること主張したいと思います」と、彼は言います。

論拠を見てみましょう。

エネルギー効率の向上

ロータリーキルンは高効率です。 ローラーハースキルンは、正極材の前駆体を運ぶためのトレイ(サッガー)が必要で、トレイを加熱することでエネルギーを消費します。 ロータリーキルンでは、正極材の前駆体を運ぶトレイが不要なため、エネルギーロスがありません。

優れた温度均一性

レトルトや回転筒の回転によって粉体が移動するため、粉体内の加熱や温度がより均一になります。 これは、均一で高品質の製品であることを意味します。 ローラーハースキルンの場合、トレイの位置によって正極材の温度が変化し、製品品質にばらつきが生じることがあります。

より長い寿命

ロータリーキルンでは、発熱体がカソード材を含む炉内気に直接さらされることはありません。 つまり、発熱体の寿命が大幅に延び、メンテナンスコストの低減につながります。

生産性の向上

ロータリーキルンでは、粉体が回転するため、熱伝達の速度が速くなります。

良いものは、必ずさらに良くなります。

リチウムイオン電池産業が急成長する需要に対応するために生産規模を拡大する場合、効率的で持続可能な加熱プロセスが不可欠となります。 Kanthalの電気加熱技術は、CO2とNOxの排出を削減しながら、エネルギー効率と生産性を向上させます。 お客様のプロセスニーズに対する利点について、詳しくはこちらをご覧ください。

詳細を見る