堅牢な研究

研究開発は、次の3つのコア領域でKanthalを継続的に強化しています。 ヒーティングシステム、ヒーター材料および医療用細線。 イノベーションを育むことで、より持続可能性の高い世界に貢献することを目指しています。

「材料が物語るものがある」

Petter Lindblomは、製造部門の同僚と日々対話を重ねながら、研究とプロセスエンジニアリングの経験を組み合わせ、Kanthalのセラミック発熱体の生産性を向上させています。

Kanthalに10年間勤務した後、PetterはKanthal Superの歩留まりを向上させる仕事を引き受けました。 つまり、生産工程での材料のロスを最小限に抑えることです。 「もちろん、生産に投入された材料は、できるだけ多く、お客様にお届けできる完成品としてうまく出てきてほしいと思っています」と説明します。

スウェーデン中部のハルスタハンマーにあるカンタルの生産現場で、この1年半、Petterは製品を生産するオペレーターと話し合いながら研究を続ける毎日でした。 「彼らと共に観察します。私は材料の挙動を理解しているので、そのメカニズムを解明することができます。」と彼は言います。 「Kanthalでの最初の10年間で、材料の語る言葉、すなわち何が起こったのかを教えられました。 必要なのは、正しい問いをすることだけです。」

「Kanthalに入社してからの10年間、リサーチエンジニアとして働いたことは、材料の言葉を学ぶのに欠かすことにできないものでした。」

スウェーデンのウプサラ大学に在学中、修士論文の研究をKanthalで行い、2010年に卒業と同時に入社したPetterは、「ここには、アイデアを奨励するカルチャーがあります。 プロジェクトの価値さえ説明できれば、Kanthalは必要な研究に投資してくれます」と彼は言います。

「リサーチエンジニアとして、材料の計量、測定、混合、押出、焼結、特性評価など、すべての工程に携わることができて、今でもこの仕事が楽しい理由の大きな部分を占めています」とPetterは語ります。 「私は今、研究室で得た経験をプロセスエンジニアとして生産工場で活かしています。」

彼は自分の熱意を抑える必要はありませんでしたが、成功の定義を少し変える必要がありました。 「リサーチエンジニアとして100%の完璧さを求めるのは簡単ですが、生産現場ではコストや時間の問題が発生します」と彼は言います。 「時には妥協しなければならないこともあります。」

「私の仕事は、安定的で予測可能なプロセスを確保して、品質と歩留まりを最大化することですが、魔法の杖を振ってロスをゼロにすることはできません。 それがどのように機能するかではありません」と、彼は話をまとめています。

ポップコーンを作るというたとえで、Petterは説明します。 「誰もが最後の一粒まで弾けてほしいと思っていますが、どうなるかはわかりますよね。 かえって焦げたポップコーンになってしまいます」。 「弾けたものが素晴らしい味になるように、時間内で止めるのが賢明です。」

「すべての粒を食べられるポップコーンに変えることはできないというのは、生産現場でも同じことです。 しかし、それが私が目指していることです!」

その他の事例

イノベーションとエンジニアリングについて

Wire localization of breast cancers can save lives
数学を愛する人が見つけた、素敵な場所
「失敗から学ぶことが前に進むための唯一の道」

「失敗から学ぶことが前に進むための唯一の道」

続きを読む
合金の飛躍的進歩の背後にある「革新的な精神」

合金の飛躍的進歩の背後にある「革新的な精神」

続きを読む
「イノベーションは派手な略語以上のもの」

「イノベーションは派手な略語以上のもの」

続きを読む
ヘアアイロンから喫緊の環境保全技術まで

ヘアアイロンから喫緊の環境保全技術まで

続きを読む
勢いを増す3D金属プリンター
重量物の3Dプリント