Kanthalでの生活

私たちは同僚にKanthalで働くことの意味を説明してもらいました。 そして、Kanthalがあなたの将来のキャリアにとって何を意味するのかについての知見を提供します。

「自分を信頼することが、絶対に最も重要なことです。」

上海のKanthalに入社してからの10年間、Eva Huangはソリューション重視の社風を生かして、オペレーションマネージャーに昇格しました。 キャリアを開始したばかりの人に向けて、彼女は貴重なアドバイスをしています。 「仲間を信じ、上司を信じ、そして自分を信じなさい」

Evaは当初、上海大学で機械工学と自動化を学ぶことを選びました。学校の先生から、数学と物理の理解度を高く評価されていたからです。 「私はまだ若くて、何をしたいのかわからなかったのです」と彼女は笑顔で付け加えました。 「彼らは、私は化学があまり得意ではないと指摘しました。」

機械工学の学士号を取得した後、母国の上海に戻る前に、フランスで産業システム管理の修士号を取得しました。 そして2013年にKanthalにヘッドハンティングされました。「人生はチャンスに満ちています。チャンスを逃さないでください」とEvaは言います。

主に中国国内の鉄鋼および熱処理企業向けに、チューボタルヒーターやメタリックエレメントを生産している上海サービスセンターで、QEHS/部材調達の仕事を開始しました。 フランスで2度のインターンシップを経験しており、Evaはヨーロッパの多くの企業のオープンマインドな社風を熟知していました。 「Kanthalでは、職場の上下関係にエネルギーを費やすのではなく、あらゆるレベルの社員が協力して問題を解決していることに感謝しています」と彼女は言います。

サービスセンターでの最初の6年間は、少人数のオペレーターや現場の営業と緊密に連携し、大いに助けられたといいます。 「大規模な工場では、生産は小さな専門ユニットで行われますが、サービスセンターの規模では、すべての工程を知ることができ、全体像を素早く把握することができました」と彼女は言います。

エヴァは2020年にオペレーションマネージャーに昇進しました。「この職務には、大学で学んだ産業システムのエンジニアリングと管理の要素が含まれますが、自分は経験不足であると感じました」と彼女は言います。 「しかし、ここでは人々が互いに支え合い、学び合っているので、移行はうまくいきました。」

パンデミックの間、実践的なトレーニングと対面での専門能力開発へのアクセスは制限されていました。 制限が緩和されたとき、Evaはキャパシティプランニングを改善するためにオンサイトコースを受講しました。

若手社員には、冷静になるようにとアドバイスしています。 「Kanthalがあなたをサポートしてくれます」と、キャリアのスタート地点に立つ誰にとっても大切なアドバイスを付け加えます。 「自分を信じることの大切さと、それが最も重要であるということを繰り返しお伝えします。」

その他の事例

Kanthalでの生活について

”Learning Fridays” – a way to spur curiosity
Learning has to come from a place of curiosity
自然から、そして仕事からエネルギーを得る

自然から、そして仕事からエネルギーを得る

続きを読む
炉内温度の微調整
物事を明快にする軍の価値観
マンスプレイニングなしのメンター
感情的なつながり
スウェーデンの「フィーカ」文化は目から鱗が落ちる経験でした

スウェーデンの「フィーカ」文化は目から鱗が落ちる経験でした

続きを読む