リチウムイオン電池の製造

カソード材の生産には、煆焼プロセスで約800〜1,000℃の温度が必要です。 また、カソード材の極めて高い純度レベルを維持できるように生産工程を設計、制御する必要があります。

あらゆる工業用高温製造プロセスと同様に、炉のオペレーターにとって課題となるのは、一貫した高品質なカソード材を確実に生産しながら、エネルギー効率と生産性を最大化することです。

炉のタイプに応じて、Globar®SiCヒーターとFibrothal®ヒーターモジュールをカソード材の生産に使用することができます。これらの製品は、温度を正確に制御できるメリットをもたらします。 また、Kanthal®フローヒーターを使用して、加熱したガスを炉に入れて、生産性をさらに上げることもできます。

関連ありそうな商品

カンタル製品一覧

エキスパートから学ぶ

最新記事

信頼性の高い発熱体によりカソードの生産性が向上

信頼性の高い発熱体によりカソードの生産性が向上

続きを読む
リチウムイオン電池に対する世界の急増するニーズに対応

リチウムイオン電池に対する世界の急増するニーズに対応

続きを読む