実験炉

Kanthalの製品シリーズには小規模ラボで使われる複数の製品があり、歯科用焼結炉で多用されています。

ラボで使われる小型バッチ炉の熱処理には通常、材料の焼結またはエナメル加工が伴います。

初期の歯科業界用炉では、大径(Ø54 mm)のSiCマッフルを使用して、焼成される材料(通常、貴金属充填物に成形するための合金)を囲んでいました。

最近のコンパクトな歯科業界用実験炉のデザインには、チャージの上部と側面により小さい直径の発熱体(Ø16およびØ19 mm)を備えたベーシックなチャンバータイプがあります。

ラボおよび歯科業界用炉の当社製品をご覧ください。

関連ありそうな商品

カンタル製品一覧