Kanthal合金とNikrothal合金の比較

炉の使用者にとっては、ニッケルクロム(NrCr)合金の代わりにKanthalの鉄・クロム・アルミ(FeCrAl)合金を使用すれば使用する材料の量を削減でき、発熱体寿命も長くなります。つまり、コストを大幅に削減できます。

もっと詳しく知る必要がありますか?

電話番号(代表) メールアドレス

以下の表は、Nikrothal合金の代わりにKanthal合金を使用した場合の33%の重量削減の例を示しています。この発熱体の重量の削減により、必要な吊り下げフックが少なくて済むため、発熱体素材だけでなく発熱体の支持に関しても大幅にコストが削減されます。

Nikrothal合金 Kanthal合金
炉内温度 °C (°F) 1000 (1832) 1000 (1832)
発熱体温度 °C (°F) 1068 (1954) 1106 (2022)
熱抵抗 (Rw) 3.61 3.61
温度係数 (Ct) 1.05 1.06
耐寒性 (R20) 3.44 3.41
線径 mm (インチ) 5.5 (0.216) 5.5 (0.216)
面荷重 (W/cm2) 3.09 3.98
発熱体3つでのワイヤーの長さ m (インチ) 224.9 (8.82) 174.6 (6.85)
ワイヤー重量 kg 発熱体 44.4 29.6

44.4-29.6/44.4 = 33%の重量削減(同じ線径に基づく)