Kanthal® APM、構造材

構造材データシート

データシートが更新されました2021-06-30 07:22 (以前のバージョンはすべて書き換えられています)

免責条項: 推奨事項は参照のみの目的で提供されたものであり、当社では実際の使用条件がわかっている場合にのみ、特定用途向け材料の適合性を確認することができます。 継続的な開発により、予告なしに技術データの変更が必要となる可能性があります。 このデータシートは、Kanthal®の商標の材料にのみ有効です。

Kanthal® APMは、特別に優れた形状安定性と耐酸化性を持つ、最先端の粉末冶金製法で分散強化されたフェライト系鉄・クロム・アルミ合金(FeCrAl合金)です。 1250°C (2282°F)までの炉内温度に適しています。

この合金は、高温下における優れた酸化特性と形状安定性のユニークな組み合わせを提供します。 Kanthal® APMはスケールのない良質の表面酸化物を形成し、ほとんどの炉環境において、酸素、硫黄、浸炭ガスや、炭素、灰など堆積物に対しても、優れた保護特性を発揮します。

Kanthal® APMの代表的な用途は、メッシュベルト、ローダー、発熱体や絶縁材の固定材、ローディングバスケットなど、炉内の高温構造部材です。

免責条項: 推奨事項は参照のみの目的で提供されたものであり、当社では実際の使用条件がわかっている場合にのみ、特定用途向け材料の適合性を確認することができます。 継続的な開発により、予告なしに技術データの変更が必要となる可能性があります。 このデータシートは、Kanthal®の商標の材料にのみ有効です。

PDFをメールで送る