インゴット加熱用台車式炉

KanthalのグローバルプロダクトマネージャーであるTyke Johnsonによると、電気ヒーターととセラミックファイバー断熱材を組み合わせることで、鉄鋼メーカーは台車式炉のエネルギー消費量とCO2排出量を削減できます。

鉄鋼業界のレンガ張りのガス燃焼車底炉は、長い間、熱効率が低く、熱容量が大きなものでした。 対照的に、KanthalのFibrothal®加熱モジュールは、より効率的でクリーンな加熱を提供できますが、軽量の繊維断熱材は熱容量がはるかに小さく、温度変動のあるアプリケーションでより効率的です。

「特に直火炉では、熱効率が25%まで低下する可能性があります」とTyke Johnsonは言います。 「予熱または回復を行っても、それはまだ50%にすぎません。 煙突からはたくさんの熱が出ます。 しかし、電気加熱を使用すると、熱効率は90%を超える場合があります。」

コスト節約と環境

これにより、エネルギー消費とコストが大幅に削減されるだけでなく、CO2排出量も実質的にゼロになります。

KanthalのFibrothal® は、真空成型されたセラミックファイバー製断熱材とそれに埋め込まれた金属ヒーターの組み合わせです。 耐火レンガと比較すると、ファイバー製断熱材ははるかに軽量で、熱容量と熱伝導率が低くなります。

「Fibrothal® パネルを並べた台車式炉では熱容量が小さいため、吸収されるエネルギーの量はレンガの場合よりもはるかに少なくなります」とJohnsonは言います。 「これは、必要な熱を得るために必要な時間が短縮されるため、サイクルで断続的に稼働する炉では非常に有益です。」

電気への切り替えは簡単

Kanthalは、-多くのレンガ張りのガス燃焼車底炉をFibrothal® に切り替え、加熱された鋼鉄1トンあたりのキロワット時の数値が最大3分の2に減少したことを確認しました。 また、Fibrothal®は設置が簡単なため、電気への切り替えは比較的簡単です。

「ガスバーナーと断熱材を取り外して、Fibrothal® とロッドのオーバーベンド加熱ヒーターで再ライニングするだけです」とJohnsonは説明します。 「「側壁、天井の両方に使用できます。」

インゴット加熱用の台車式炉を電化することの4つの主なメリット

台車式炉の耐火レンガとガスバーナーをKanthalのFibrothal®ヒーターモジュールに置き換えると、製鉄業者には次の4つのメリットがあります。

  • ゼロエミッション
    加熱を電化することで、ガスバーナーで発生するCO2排出量をすべてゼロにすることができます。 そして、使用される電力が再生可能エネルギー源からのものである場合、排出量は実質的にゼロになります。
  • 熱効率の向上
    ガスバーナーの熱効率は悪く、ほとんどの熱が放出されます。 対照的に、電気的に発生した熱は実質的にすべて炉内に残り、熱損失はほとんどありません。 Kanthalでは、レンガ張りのガス焚き台車式炉をFibrothal®に変換した後、鉄鋼1トンあたりに必要なキロワット時を最大3分の2に削減できました。
  • 省メンテナンス
    Fibrothal® で使用されているファイバー製断熱材はレンガよりもはるかに密度が低いため、温度変動や極端な熱に耐えることができます。 メンテナンスの必要もはるかに少なく、長寿命です。
  • 設置が容易
    Fibrothal® は、金属ヒーターをファイバー製断熱パネルに埋め込んで組み合わせたものですこれらにはさまざまなサイズと形があり、炉の壁面と炉蓋に並べるだけです。 既存のレンガ張りのガス焚き台車式炉の改造はシンプルで簡単です。Kanthalはすでに多くのお客様がそれを実現するのを支援してきました。

関連ありそうな商品

カンタル製品一覧

エキスパートから学ぶ

最新記事

電気自動車の台車式炉は、より優れた制御と柔軟性を備えています

電気自動車の台車式炉は、より優れた制御と柔軟性を備えています

鋼のインゴットを加熱する場合、スウェーデンのHallstahammarにある Kanthal の製鉄所では、 ファイバー断熱材と電気加熱を組み合わせることで、優れた温度制御とエネルギー損失の低減が実現します 。

続きを読む
信頼できる世界的な加熱パートナー

信頼できる世界的な加熱パートナー

Kanthalは、幅広い電気式ヒーティングソリューションを提供するだけでなく、世界中のお客様の移行をサポートすることもできます。

続きを読む
電気式ヒーターの拡大する需要を支える

電気式ヒーターの拡大する需要を支える

電気加熱のメリットを実現する鉄鋼メーカーの増加に伴って、電気式ヒーターの需要は増加しています。 Kanthalは、今日のニーズと将来の需要に対応する専門知識と製品ラインナップを有しています。

続きを読む