炉用チューブ

ガス加熱炉または電気式加熱炉用のKanthal® APMTおよびKanthal® APMの鉄・クロム・アルミ(FeCrAl)合金、ニッケルクロム(NiCr)合金製の押出チューブ。

Kanthal®炉用チューブは1250°C (2280°F)までの温度で使用でき、外径26~260mm(1.02~10.2インチ)のサイズをご用意しています。 Kanthal®APM、Kanthal®APMT、Kanthal®AF炉用チューブ、その他のSandvikの高温チューブは、ラジアントチューブ、熱電対保護管、マッフルチューブなどに適しています。

ラジアントチューブ

Kanthal® APMおよびKanthal® APMTの鉄・クロム・アルミ合金(FeCrAl合金)製のラジアントチューブ(放熱管)は、ほとんどすべてのお客様の仕様に準拠した、すぐに設置できる完全なアセンブリとして提供できます。

続きを読む

Kanthal® APMおよびAPMT

Kanthal® APMおよびKanthal® APMTの鉄・クロム・アルミ(FeCrAl)合金は、最大1250°C (2282°F)までのチューブ温度で使用できます。 これらには、アルミナ、炭化ケイ素、ニッケルクロム(NiCr)合金のような他のチューブ材料と比較していくつかのメリットがあります。

続きを読む

Kanthal® AFラジアントチューブ

Kanthal® AFチューブは、一般的なNiCrチューブをあらゆる面で凌駕する独自のタイプのラジアントチューブです。 また、市販されている他の同等品よりもコスト効率に優れています。

続きを読む