ラジアントチューブ

Kanthal APMおよびKanthal APMTの鉄・クロム・アルミ合金(FeCrAl合金)製のラジアントチューブ(放熱管)は、ほとんどすべてのお客様の仕様に準拠した、すぐに設置できる完全なアセンブリとして提供できます。

もっと詳しく知る必要がありますか?

電話番号(代表) メールアドレス

たとえば、当社ではフランジや底部、あるいはディスタンススペーサーのラジアントチューブへの溶接を行います。また、KanthalプログラムにはUおよびW型のラジアントチューブも含まれます。

より長い寿命

Kanthal APMTおよびKanthal APMの鉄・クロム・アルミ合金製のラジアントチューブには、セラミックチューブ、炭化ケイ素チューブ、およびニッケルクロム(NiCr)合金ベースのチューブと比較していくつかのメリットがあります。

使用者が得るメリットの1つとして、浸炭、サーマルショック、たわみ、ひずみなどに対する優れた耐食性があります。これは、この材料が優れた機械的特性と、腐食や大気の浸食から保護する、濃密度で粘着性のある酸化膜を形成する能力を備えているためです。

Kanthal APMTおよびKanthal APMのラジアントチューブの寿命は、多くの場合、NiCr合金ベースのチューブの寿命よりも何倍も長くなります。

優れた定格出力

Tubothalヒーターと組み合わせたKanthal APMおよびKanthal APMTの鉄・クロム・アルミ合金製ラジアントチューブなら、市販されている他のどんな金属ヒーターでの加熱システムよりも高い定格出力が実現します。

Kanthal APMおよびKanthal APMTの鉄・クロム・アルミ合金の炉用のチューブの在庫の標準サイズ