カソード製造における乾燥工程に適した加熱ソリューション

リチウムイオン電池の普及により、カソード材料に対する需要が高まっています。 乾燥工程では、Fibrothal®加熱モジュールが優れた熱均一性と迅速な設置を提供します。

Hiroto Ishikawa, Technical Marketing, Kanthal製造プロセスの一環として、最終的なバッテリーセルの寿命に悪影響を及ぼす可能性があるため、カソード材料から残留リチウムを除去する必要があります。 洗浄後、すべての水分を除去するためにカソード材料を乾燥させる必要があります。 これは、さまざまな温度で複数の段階を経て行われます。

カソード乾燥の一般的なソリューションの1つは、金属製の発熱体とファイバーブランケットで構成されるものです。 ただし、別のオプションとしてFibrothal® GSO加熱モジュールがあります。

「Fibrothal®モジュールの設置には約3~4週間かかりますが、金属ヒーターとファイバー ブランケットの設置には10週間かかります」とKanthalテクニカルマーケティングのHiroto Ishikawa氏は述べています。 「Fibrothal®は取り外しや交換が容易で、メンテナンスも簡単です。」

Kanthalは、加熱モジュールの供給だけでなく、その設置や現場でのサポート、技術指導も行っています。

「リチウムイオン電池産業は真にグローバルな産業であり、ヨーロッパ、アジア、米国にエンドユーザーがいます」と石川氏は付け加えます。 「Kanthalと提携することのもう1つの利点として、当社がグローバル企業でもあり、世界中のどこにいてもカソードメーカーにサポートを提供できることがあげられます。」

Fibrothal®をカソードの乾燥に使用する3つの利点

  • 金属エレメントやファイバーブランケットに比べ、施工性が高い。
  • 同種の加熱ソリューションに比べ、優れた温度均一性
  • 設置を含めたグローバルサポート

関連ありそうな商品

カンタル製品一覧

Tubothal®ヒーター

抵抗発熱体として開発されたカンタルAPMを使用した、長寿命かつメンテナンスフリーで使用可能な弊社独自のラジアントヒーター。 Tubothal®発熱体は、あらゆるタイプのラジアントチューブ内で、またはスタンドアローンの発熱体として使用できます。

製品の詳細を見る

エキスパートから学ぶ

最新記事

OneJoonが熱く語る、バッテリー生産の未来

OneJoonが熱く語る、バッテリー生産の未来

一流の炉メーカーであるOneJoonは、キルンと炉に適した電気加熱システムを提供するパートナーを必要としており、それをKanthalに頼っています。 両者は数十年にわたり、幅広い産業分野で提携を続けています。 次にOneJoonが照準を合わせているのは、リチウムイオン分野です。

続きを読む
ロータリーキルンとローラーハースキルン - 現状への挑戦

ロータリーキルンとローラーハースキルン - 現状への挑戦

炭化ケイ素エレメントを搭載したローラーハースキルンは、長年にわたりカソード製造の焼成工程の標準として使用されてきました。 しかし、ロータリーキルンの方が良いとしたらどうでしょう。 Kanthalは現状に挑戦したいと考えています。

続きを読む
Fibrothalは電気の未来への鍵です

Fibrothalは電気の未来への鍵です

KanthalのFibrothal®加熱モジュールは1970年代から存在していますが、今や最も注目されている加熱モジュールです。 大規模な工業用加熱アプリケーションを電化する動きが続く中、Fibrothal® が重要な役割を果たしています。

続きを読む