Kanthal Globar SiCヒーター

発熱体温度が最高1625°C (2927°F)までの炭化ケイ素(SiC)電気ヒーターで、さまざまな標準サイズや形状があり、さまざまなプロセスや設備特有の要件に合わせたカスタマイズ設計でも提供可能です。

もっと詳しく知る必要がありますか?

電話番号(代表) メールアドレス

Kanthal Globar SiCヒーターは高出力が可能で、垂直または水平に取り付けることができます。最高運転温度であっても発熱体素材は固定されたままのため、特別な支えが不要で、これにより設備の設計が簡単になります。

標準グレード

グレード説明
Kanthal
Globar SD
SiCヒーターが使用されるほとんどの用途に適した発熱体です。Kanthal Globar SDグレードのSiCヒーターは再結晶化した炭化ケイ素の加熱部が特徴で、酸化や一般的なプロセスガスに耐性があるように最適化されています。棒状のものや複数本が連なった形状のものがあります。
Kanthal
Globar HD
従来のSiCヒーターでは適していない、かなり高難易度の用途に合わせて設計されたSiCヒーターです。Kanthal Globar HDグレードのSiCヒーターは高密度、低浸透率、反応結合炭化ケイ素の加熱部が特徴で、これは酸化や工程で発生する揮発性物質や反応性雰囲気による薬品侵食にも強い耐性があります。棒状のものや複数本が連なった形状のものがあります。
Kanthal
Globar SGおよびSR
Kanthal Globar HDグレードの素材で作られたチューブ状でスパイラル型のSiCヒーターです。

フロートガラスヒーター

Kanthalプログラムには建築、自動車およびソーラーガラス用のソーダ石灰ガラスの製造で使われるフロートバス用の炭化ケイ素(SiC)ヒーターが数種類含まれます。フラットパネルディスプレイ用のガラスに使われる特殊なフロートエレメントも提供されます。
Kanthal GlobarフロートガラスSiCヒーターの詳細